Our Sale is now live until Friday 14th October 2022! Enjoy our SPECIAL OFFER Buy 1 Get 1* 30% OFF in Store using promotional code: EOCTSALE22 at check out.

*Discount is applied to the most expensive item in the cart

Japanese

About 103 results
Article

ワービーパーカー、H&M、CUが取り払うデジタルの境界線

Michelle Evans

Michelle Evans

9 Aug 22

デジタルトランスフォーメーションが急速に進んでいるその背景には、ショッピングプロセスに対する顧客の期待が高まり続けていることがある。そして、利便性の向上、スピード化、最適化そして自動化などを後押ししているのはテクノロジーである。

Article

新たな消費者環境:ビジネス戦略を形成する4つの行動変容

An Hodgson

An Hodgson

25 Jul 22

パンデミック後の消費者環境は、生活の送り方、働き方、遊び方、買い物の方法といった行動様式が大きく変化したことで一変した。デジタル化が進んだ自宅中心のライフスタイル、社会および環境に対する責任への意識の高まり、価値重視の傾向といった主な消費者行動の変化は新たな消費者ニーズや優先順位を生み出し、企業は長期的に人々から支持され続けるために、戦略を見直さなくてはならなくなった。

Infographic

世界的なインフレ:原因とビジネスへの影響

Zora Milenkovic

Zora Milenkovic

20 Jul 22

サプライチェーンの不足、政情不安、気候変動などは、日用品の価格を世界的に押し上げている要因のほんの一部に過ぎない。企業は、インフレを引き起こす短期的・長期的なドライバーや、それが消費習慣に与える影響についてしっかりと理解することで、変動が激しい中にあって機敏に対応できるようになるだろう。

Article

サブサハラ・アフリカ地域における10の社会経済的ファクト

Greta Kunauskaite

Greta Kunauskaite

23 Jun 22

サブサハラ・アフリカ地域では、若くかつ急速に増加する人口によってその市場潜在性が高まり続けており、イノベーション、起業家、そして投資家にとってエキサイティングな商機を提供している。消費者市場の発展は、Mコマースの拡大と金融へのアクセスの拡大を背景に加速し、二国間貿易の活発化により地域統合が進むことが予想される。

Article

コンシューマーヘルス業界の競争戦略を探る

Amna Abbas

Amna Abbas

15 Jun 22

人々の健康への関心がかつてないほど高まる中、コンシューマーヘルスは今、非常にダイナミックな業界になりつつある。同業界を形成し、企業の力強い成長を推進する主な要因には、ビタミン剤やサプリメントを定期的に摂取することによる予防衛生、病気治療のためのOTC製品、デジタル化、パーソナライゼーションの一般化、そしてホリスティックなサステナビリティなど、包括的な健康ウェルネスの一部として注目されつつあることが含まれている。

Article

健康志向が促進する植物性食品市場

Tom Rees

Tom Rees

13 Jun 22

動物性食品に代わる植物性食品が登場し、普及するようになって以降、消費者は様々な理由から植物性食品への関心を高めている。中でも最もよく挙げられる3つの理由が、健康への懸念、環境フットプリント改善への関心、そして動物愛護である。他にも様々な動機(例えば、友人や家族のためなど)があるが、調査によると、これらが「3大理由」であることがわかる。

Article

必需品と裁量品:価格と入手可能性の推移を把握する

Jared Conway

Jared Conway

18 May 22

2022年に入って以来、様々な要因がコストプッシュおよびディマンドプルを引き起こし、インフレ圧力が依然として高い。そうした中、企業にとっては主要市場の価格と入手可能性がどのように変化しているかを注意深く追跡していくことが重要である。

Article

包括的な美が促進するイノベーション

Amy Rollinson

Amy Rollinson

16 May 22

この2年間で社会的目的やインクルージョン(包括)が重視される傾向が加速した。2020年、人種的不平等への意識を高めた「ブラック・ライブズ・マター」抗議運動により、美容・パーソナルケア企業にも、ヨーロッパ中心主義ではない美の感覚を広めることが求められるようになった。

Article

APACは「メタバーシカル」な変化を遂げる

Prudence Lai

Prudence Lai

5 May 22

「メタバース」というワードは、現在と将来のデジタルトレンドについて議論する際に、家庭内だけでなく大企業の役員室でもよく使われるようになった。ユーロモニターインターナショナルの「ボイス・オブ・ザ・インダストリー:デジタルサーベイ」によると、アジア太平洋地域(APAC)の企業の3分の1が、今後5年間に拡張現実(AR)または仮想現実(VR)に投資する予定があると回答している。